月経困難症

月経困難症について

頭痛!生理痛!イライラが襲う月経困難症

 

特に激しいのは生理痛です。腰の痛みから始まりひどいときには全身が痛くなります。
そうなるとお腹がすいて痛いのかそうでないのかがわからなくなり非常にしんどい思いをします。
生理1日目から徐々に痛みはじめ2日目、3日目は傷みがピークになります。
動くのもつらく1日中寝ているだけの日もあります。
ですが毎回うまい具合に生理痛と休みがかぶるわけでもないので
出勤日と生理が重なると本当に地獄で立っているのさえやっとになります。
そして生理痛の他に吐き気や眩暈、貧血などにも同時になります。
私は接客業をしていますがそうなると笑うのが苦しくて志度戸どころではなくなるので困っています。
学生の時は生理痛に悩まされることは一切なかったので
まさかこんなにしんどくなる日が来るとは思ってもいませんでした。
病院でもらった痛み止めのロキソニンを飲んでいます。
これがよく効くので薬が効いている数時間の間は痛みを忘れて仕事をすることが出来ます。
ですがうっかり飲むのを忘れて薬が切れてしまうと
再び痛みに襲われるので切らさないように注意する必要があります。
そしてお腹をなるべく冷やさないように気を付けています。
気休めでしかないかもしれませんがお腹と腰を温めると痛みが和らぐ気がするので

生理中は毎晩寝る前に必ず10分ほど温めたタオルを巻いて温めています。
食事面ではレバーを食べるようにしています。
私はもともと貧血気味ですが生理になると必ず鼻血が出て1時ん以上止まらなくなります。
レバーは貧血にいいと聞いたことがあるので3年ほど実践しています。
あらゆる月経前の症状を解消する方法を紹介している書籍や
サイトもあるのでそういうのを見て早く治していきたいと思います。
生理前のイライラ解消サプリのススメ
http://xn--u9jxfa9yb7932culxch3b.com/

 

 

私は生理前と生理中に体調不良になります。共通して起きるのは、頭痛です。
元々偏頭痛持ちなのですが、生理前〜生理3日目くらいはほぼ必ずと言っていいほど頭痛が起きます。
生理前の不調で一番辛いのは、イライラと気分の落ち込みです。
生理10日前くらいから少しづつイライラするようになり、
生理が来る前日には自分でコントロールできないほどイライラしたり、
「死にたい」と思うほど人生を悲観して落ち込んだりします。
月に1回死にたくなるのが恒例で、生理前だからと分かっていても辛いものは辛いです。
生理中は、腹痛と貧血によるめまいと吐き気が起きることもあります。
酷いときは頭痛と腰痛も合わさって、少しも動きたくないくらいに全身がだるくなります。
そうなると会社に行くのも仕事をするのも本当に辛いです。
イライラや気持ちの落ち込みがコントロールできなくなったら、
小林製薬の「命の母ホワイト」を飲むようにしています。劇的な効果ではないですが、
少しづつ気持ちが穏やかになり楽になります。
この薬に出会って、毎月やってくる気分の落ち込みへの恐怖が少し減りました。
頭痛にも穏やかな効果があるように思います。また頭痛対策としては、
軽いときはコーヒーを飲んで痛みを軽減させます。

酷くなりそうな時は、エスエス製薬の「イブクイック」を飲みます。
私にはこの頭痛薬が一番合っているようです。
また生理1日目〜4日目くらいまでは、鉄のサプリメントを取るようにしています。
貧血は毎回起きるわけではないですが、
起きてしまうと動けなくなるので予防もかねて鉄を摂取しています。
また、生理中はとにかくお腹と腰を冷やさないようにするということも
体調不良を防ぐ上で実践していることの一つです。

 

 

生理が始まる2日前ほどから、腰がとても重くなります。
腰の部分にはやたらと冷えを感じるのに、頭はぼうっとしてしまい、全身がだるく感じることも多いです。
生理が始まると、今度はお腹が痛くなります。
下腹部がじんじんするような鈍痛で、とても不快です。
動くたびに痛むので、歩いたりしゃがんだりといった日常のちょっとした動作をするのも辛く感じます。
仕事などでなにか作業をしていても、痛みがくると手を止めて休まなければならないので困ります。
また、生理中は頭が痛くなることもしばしばあります。
激しい痛みではないですが、長時間継続して痛むことが多いので厄介です。
その上、貧血気味になるのか、軽いめまいのようなふらつきもよく感じます。
仕事が休みの日ならば、なるべく横になってじっとしています。
寝ていて痛みが和らぐわけではありませんが、立ったり座ったりしている体勢よりは、多少楽に感じるからです。
仕事のあるときはじっとしていられないので、少しでも痛みがまぎれるように、
腰を叩いたりさすったりしながらやり過ごすようにしています。
冷えを改善するため、冬場ならば腹巻を巻くようにもしています。
それに加え、腰や下腹部の痛む部分にカイロを当てると、なにもしないよりはいくらかましに感じます。
それでも痛みが我慢できない時は、バファリンなどの鎮痛剤に頼ることもあります。

大切な用事があるときなどは、飲む機会が多いです。
飲んでから効果がでるまである程度の時間はかかりますが、痛みが和らぐので薬も活用しています。

ホーム RSS購読